スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの頃、サイバーパンクと聞くと日本を想像したよな」 [海外掲示板]

redditから


otakuman
「サイバーパンク」の板から来たよ。20世紀後半、最先端の電子工学・技術力という言葉はそのまま日本を意味していたと思う。皆もあの頃を覚えているだろう。ソニーのウォークマン、任天堂、プレイステーションの活躍を。今日でもパナソニック、東芝、日立、シャープなんかは、それぞれの分野でしのぎを削っている。

僕の疑問は、なぜその国が日本だったのか? ということだ。なぜアメリカや他の国ではなかったのか? 経済、政治、他のどんな要因を挙げてくれてもいい。僕らが電子工学について語るとき、 日本という国について触れるようになったのはなぜなのだろうか? 


cahamarca
その答えは、おそらく第二次大戦以前の彼らの近代化への取り組みによるものだろう。1868年の明治維新から、日本は西欧諸国の力に並ぼうと技術研究を熱心に進めた。政府の後押しによって彼らは独自の産業資本主義を発展させ、そしてそれは恐ろしいほどに良く機能した。

多くの日本の大学(現東大、北海道大)は科学技術へ力を入れた。第二次大戦前には一つの家が複数の会社を保有するという「財閥」と呼ばれる経営形態が日本にはあり、それは日本の重工業の基盤ともなった。そしてこのような組織の多くは、重工業から(1970年代~1980年代に発展した)電子工学へとそのノウハウを持って進出していった。大戦後、政府は通産省を介して工業生産能力の向上に力を注いだ。しかしながら、「より良い国家のため」とのスローガンの元に、工業の悪い点が見過ごされがちだったこともある(1950年代から1970年代の水俣病のように)。

ところで、日立は1910年に電気駆動モーターを生産する会社として建てられた。東芝は1939年の二社合併(電信会社と白熱電球の会社)によって生まれた会社で、全て元をたどれば1800年代後半から存在していた。任天堂はそもそも1880年代に生まれたカードの玩具会社だった。シャープは1912年創業の鉛筆会社、パナソニックは当初自転車のランプを作り、1918年に生まれた。君の(電子工学分野に発展した)会社のリストを見ると、ソニーだけが1946年に終了した大戦後生まれの唯一の会社だ。ただし、ソニーも今ある工業基盤に多大な貢献をし、最先端の技術を確立していった、ということは事実だけどね。

他に挙げるとすると、トヨタなんかは良い例だと思う。1800年代に生まれた会社で、そもそもは工業用の織機を生産していた。豊田氏の息子の一人が1920年代に自動車製造に興味を持ったことが全ての始まりで、彼は自然とGMの車を購入し、それを工場に持ち込んで技術者たちに見せ、解析を始めた。日本のトヨタミュージアムに行けば、アメリカの車を持ち込み、青写真を作成している彼らのジオラマが見れるよ。こうやって彼らは自動車技術を身に付け、君たちが目にするトヨタ自動車の始まりだ。

さて、なぜ日本はアメリカと比べ、マイクロエレクトロニクス分野で成功を収めたか? 僕の解釈は少し決定打に欠けるかもしれないけれど、それは日本が1950年代~1960年代に多大なアドバンテージを有していたからだと思っている。上に書いたように、日本は重工業と工学ノウハウに関して、とても優れた(電子工学への発展を促しうる)組織形態を有していた。一方でアメリカは地理的、その人口密度から考えても、軍事的使用を想定した限られた物を生産する傾向にあったと思う。なにより、大戦後アメリカが防衛を担ったために、彼らは軍事にそれほど予算を割かずに済んだ。彼らの工業目的は、宇宙開発や兵器開発ではなく、もっと多様な場所に焦点を当てることができた。


AsiaExpert
上の人が既にいくつかポイントを挙げてくれた。ここで俺は日本の政治・経済に多大な影響を及ぼした、アメリカの役割について話したい。

先に言われたように、日本が軍を解体し再軍備が許されなかったことからアメリカがその防衛を担った。このこともあって、彼らは(軍事に金をかけず)富を温存し、彼らの輝かしい未来へと投資することができた。経済成長と新たな国家形態の形成だ。

当初、海外市場調査会(注:現JETRO)から情報を得た通産省や企業の目論見は、アメリカ市場への進出で、政府はこれをとにかく推し進めた。

日本とアメリカの間で交わされた相互協力及び安全保障条約の観点から、日本の製品をアメリカに流通させるための巨大な市場が既に開かれていた。通産省の強いリーダーシップの下、日本企業は早期に巨額の投資を行い、重工業を立ち上げた。この産業インフラはアメリカからの投資によっても賄われ、そもそもアメリカは朝鮮戦争、ベトナム戦争からその消費活動をすさまじく上昇させていたことも理由だ。そして始まる技術産業。日本はそれら製品をアメリカの市場に流通させるのに、絶好のポジションを獲得していた。

アメリカ市場の解放というのは、日本の技術産業にマクロ、マイクロの両方から見ても多大な影響を及ぼしたと言わざるを得ない。

ところで、今日、市場は我々に日本の製品が信頼のおけるもので、高品質、しかしながら少し高価、との認識を持たせている。ソニー、パナソニック等の日本ブランドはもはや見慣れたものだ。

しかし、日本の技術産業から生まれた当初の製品(ラジオやテレビ)というのは我々が今日中国製品に抱くような評判だった、すなわち“安いが信頼できない”、“劣化版コピー”という評判だ。それはアメリカ・ドイツ製品を買う余裕のない人々が手を出す物だった。

しかし日本の技術製品は質を上げ続け、しかもとてつもなく革新的だった。革新的と言っても何か全く新しい物を生み出したというわけじゃない。彼らが得意としたのは既にある製品を手に取り、新しく手を加えていくというものだった。

例えばFAX機器。知らない人も最近は多いだろう。それ自体は随分と昔に生まれた物で、現在の電話、スキャナ・プリンタの特性を合わせ持つようなものだった。これについて知っている人は、おそらく今よく見かけるプリンタぐらいの大きさの物を思い浮かべると思う。しかし当初のFAX機器はどう見ても使い方など分からないほど、巨大な機械だった。使われる場所は病院や警察署などに限定され、プリントアウトに数時間を要した。そこに日本人が手を加えたわけだ。新たに開発したと言ってもいい。より小型に、速く、使いやすく、重要性を再認識させ、広く流通させる。それを見て、すぐに他の者も新たなFAX機器の製造に乗り出したが、もはや追いつくことなどできなかった。市場を占領した。

これが日本の技術産業の戦略だ。第二次大戦前に、戦闘機エンジンに想像だにしなかった改良を加えていったのに似ている。日本の技術産業(会社)は(果実を)を組み合わせて、独創的なジュースを作るのが得意なんだ。アメリカから生まれた多くの物に、日本独自の改良を加えていく。そうやって評判を上げ、高品質な製品を創り出す、日本製という一つのブランドを確立していった。日本企業は革新的で市場で売れる日本独自の製品を生み出す。

そういった彼らの成功の裏には、やはりアメリカとその政府の影響が窺える。複雑な輸出入の手順を簡略化させ、アメリカ市場に進出させ、市場に定着するための資源(資金)を供給した。

極端に言えば、アメリカは日本企業の母体となっていた。進出のための資金、企業の拡張・成長のための基金が可能な限り、アメリカの相互協力及び安全保障条約の責任によって捻出された。そして最も重要なのは、あの頃のドル円の為替レートだろう。また、アメリカは日本製品その物にも影響を及ぼしていた。パートナーのアメリカ企業から、技術ノウハウの提供を受けていたからね。そして彼らはお得意の方法でそれを昇華していった。

ただし、日本の成功が全てアメリカによって成し遂げられた、というわけではないと注釈しておくのは重要だろう。アメリカの政府や企業は確かに日本企業にとって良い環境を創り出したが、実際にその環境を最大限利用し、利益を確立していったのは日本の力に依るものだ。日本経済は世界最大の規模へと発展し、当時の力と言ったら信じられないほどだった。


  Orbitfish
  彼らの品質管理技術も忘れちゃいけない。日本企業は自社製品の品質を管理する、という点で先見の明があった、彼らのそういった技術は元々アメリカから得たものであったにも関わらず、一方でアメリカは実際に取り入れることを嫌がり、30年ほども遅れを取った。


  shenpen
  >しかし、日本の技術産業から生まれた当初の製品(ラジオやテレビ)というのは我々が今日中国製品に抱くような評判だった、すなわち“安いが信頼できない”、“劣化版コピー”という評判だ。それはアメリカ・ドイツ製品を買う余裕のない人々が手を出す物だった。

  こんな時期あったか? 1986年にはカシオの時計、ウォークマンや計算器は評価されていたと思うんだが。随分古い赤井電機のラジオをまだ持っている人もまだ結構いるだろ。1960年代とかのことを話してるんだろうか?


  tog_Jan
  そうだな。1980年代には日本企業は世界中のマーケットを荒らしまわっていたし。


keepthepace
>今日でもパナソニック、東芝、日立、シャープなんかは、それぞれの分野でしのぎを削っている。

シャープは今死にかけてるんだが……。


Chimie45
一番上のCahamarcaが既に日本の工業化については話してくれた。
他に僕が触れておきたいのは、日本のVLSI計画(1980年代に大規模な集積回路をVLSIと呼び始めた。同じく1980年代に通産省が国家プロジェクトとして開発を進め、半導体の製造装置技術の確立に貢献した。企業間並びに企業-政府間の協力が大きかった)が成功した一方で、アメリカのVHSIC(注:very-high-speed integrated circuitsの略、またはその計画。1980年にアメリカ政府が推し進めた計画で、軍用デジタル信号処理集積回路の開発を狙った。この計画は集積回路の物質(半導体)開発、回路構成、パッケージング、アルゴリズムの開発やハードウェア記述言語の一種であるVHDLの誕生に貢献した)はうまくいかなかったという点だ。両方ともに回路の高速化を狙った物で、これについては日立、富士通、東芝、三菱などの日本企業がうまくやっていた。

なぜアメリカのVHSICはうまく行かなかったのか? それはこの計画が軍(国防総省)主導で行なわれ、発展しづらかったことだ。

軍はマイクロ加工を得意とする企業を、軍用技術を発展させるための道具として使いたがり、しかも特にテキサス・インスツルメンツやハネウェル社、モトローラなんかの大企業を好む傾向があった。このため、小さな企業は軍に対して敵対する姿勢を見せていたわけだ。

マイクロ技術の発展には様々な多くの企業を必要とする。しかし、アメリカは企業同士の協力を生みにくい環境にあった。一方で日本企業はよく協力し、政府のプレッシャーはこれら企業がプロジェクトに取り組むための良い刺激となっていた。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 話題
ジャンル : ニュース

「日本人と親しくなるのってどうしてこんなに大変なんだ?」 [海外掲示板]

redditから


earnjapanese101
日本に来て数ヶ月が経ったが、俺はここで出会う多くの日本人と交わす「嘘」のコミュニケーションに頭が真っ白になってる。今までアメリカ、タイ、韓国、南アメリカと住んで来たが、こんなのは経験した試しがない。

俺の目の前で起こっていることを語っていこう。まず、俺はバー、レストラン、ショップやらでその人々に出会う。そしてそこで世間話になるわけだ(俺が話しかけることもあれば、向こうから話しかけてくることもある)。時々、この中で俺は彼らと連絡先を交換する機会を得る。そして次回に飲みに行こう・食べに行こう、と俺から提案したり、彼らが誘ってくれたりするわけだが、最後に俺が結局それがいつ頃になるのか(数日後なのか数週間後なのか)についてメッセージを送っても、彼らは一向に返信してくれない。最も奇妙な点は、多くの人が俺のフェイスブックにフレンド申請をしてくれたりするにも関わらず、メッセージを送ろうが返答がない。返信をくれたとしても、これで終わりにしましょう、みたいなそっけないものだ。

女の子が偽のメールアドレスを渡してきたこともあったな。マジでくそったれだ。そんなことされたら、まるで俺が殺人鬼か強姦魔に見えていて、それから逃げるために彼女が取り繕ったように感じる。数週間も経つと、俺は彼らに連絡先を聞こうだなんて一切考えなくなった。ただ彼らが聞いてくるのを待つだけだ。もちろん、今もそんな状態が続いてる。俺からメッセージを送るときも、「この間はどうも、また今度飲みに行きましょう」みたいに短くてお決まりの文章を使うようになってしまったよ。

俺は二十年代半ばの男だ。だけど、ここまで人と接するのに苦痛を感じたことはない。俺は何か間違ったことをしでかしてしまってるんだ。そうなんだよな?


MarcusMinuciusFelix
日本はHigh contextな文化を持っている。これが意味するのは、彼らの会話中の発言が、その言葉通りの意味を持つことが少ないということだ。このことは、日本人が名誉と恥を重んじるという事実にも繋がるだろう。

仮に、今私がノブという人物と出会ったとする。彼は率直に言ってしまえば、他の大多数の日本人と同様に、会話中に彼自身の本心を表には出さない人物だ。しかしながら、彼の視点に立ってこの会話を注視すれば、次第にこの会話の意味を理解できる。

ノブは、ジョンという西欧人に始めて出会った。彼はとても忙しい日々を過ごしており、しかし自身の英語能力には多少自信があった。ジョンはノブに、多くの単純な会話がそうであるように彼の趣味や好きな音楽について尋ねるだろう。ジョンはそこで突然、一緒にコンサートを見に行かないかと誘う。ノブはジョンがとてもストレートな男だと驚くだろう。しかし実際の所、そのコンサートがまさに彼の趣味に合致していたとしても、ノブはジョンとの交友にこれ以上興味があるわけではない。とはいえ、一方でジョンの面目を保ちたいとも考えている。……ノブはぎこちなく笑い、コンサートに行くと伝えた。しかし、その場に居合わせた他の日本人たちは、それが彼の本心でないことに気づいている。ノブが、ジョンのメンツを気にしたことを知っている。人前で、君とはコンサートに行けない、と言うのは彼に恥をかかすことになるだろうとノブは考えたんだ。

ついにそのコンサートの日が来たが、既にノブの方はコンサートのこともジョンのことについても忘れ、彼の本当の趣味であるハイキングと、蝶の採集に忙しくしていた。ノブがコンサートにこなかったという事実は、ジョンの誘いに対する、彼の本当の返答だった。

まとめると、“いくつかの国の文化では、「はい」は「いいえ」を意味する。実際、日本では「いいえ」という解答の代わりにこれを用いることは礼儀だと考えられている”

女性が偽の電話番号や偽のアドレスを持っていたというのも、これに準ずるんじゃないかな。


 PriestmanX
 このノブとジョンの話はあまりに奇妙に思える……。


   MarcusMinuciusFelix
   これは創作だけど、実際の出来事をモデルにもしてるよ。東大に通う生徒と、一時間ほど彼の趣味である蝶々集めについて会話したことがあるんだ。人生で、もっとも気まずい時間だったね(彼は蝶々集めにあまりに熱中している様子で、どこか狂気じみてもいた。会話中、私は始終「こんな男がいるはずがない!」と自分に言い聞かせていたよ。多分、彼に騙されたんじゃないかと思ってる)。彼と蝶々の収集に行く機会を逸してからは、一度も彼とは会ってないな。


      earnjapanese101
      Troll level: Nobu


 Pathological_RJ
 この手のコミュニケーションの相違は、アメリカの北部と南部の間にも少なからず残ってる。最近僕はバージニアからニューヨークに越したけど、少しショックを受けたからね。南部の人々は常に失礼になりすぎないように気を使って、何かしらの招待を直接的に断ったりすることはあまりない。南部の人たちも来るとだけ言って、実際には現れないわけだ。バージニアで北東部の人(ニューヨークやニュージャー出身など)と出会った時は、彼らはこんな礼儀は不快に感じたみたいだ。特に興味がなければ、「消えろ!」みたいなきつい言い方であしらってた。北部(北東部)の会話は、直接的だと思う。
 では、アメリカ南部と日本との違いを考えると、それは多分他人の名誉を気にするかどうかだと思うな。南部の人間は別に他人の面目を気にしているわけじゃなく、自身が無礼に見えないように気を使っている、って感じだ。

 marktully
 これはまさに、アメリカ南部で見られる超叙想法的表現のそれだな。
 「ようノブ! コンサートに来ないか?」
 「うーん、多分行けると思うよ……」
 こうしてヤンキーたちは俺たちが文明人でないと決め付けていく。


 CmndrSalamander
 それより、どうやって彼らにちゃんと「はい」と言わせるかを教えてくれよ。


MarcusMinuciusFelix
自分のコメントにもう少し付け加えておく。日本における親密な交友関係っていうのは、彼らが所属するグループにおいて形成されやすい。

日本は、独特な集産主義とも言える文化を持っている。彼ら個人であるよりも、グループの中の一人として身を置きがちだ。時には個人のアイデンティティさえ、グループの意思として捧げられる。

彼らは、家族・隣人・クラスメート・同僚、あるいは趣味や興味を共有できる者たちと共にその絆を強固にしていくという傾向がある。日本の若者にとって、クラブ活動というのが重要なものだというのもこれから来るものだと思う。彼らが生涯を通して語る交友というものは、そうやって活動の中で共に過ごして来たという時間と、互いに分かち合った経験がからくるものになるだろう。

Geert Hofstedeは、5つの観点からその国の文化について調査したIBMのデータを元に、分析を行なっている。「個人主義度」(集産主義とは対照的なものとして)としたスコアでは、アメリカが91ポイントである一方で日本は46ポイントとなっている。(What about Japan?

(注:引用先では、日本ではグループの強調性が個人の感情より優先されやすいことや、恥や礼を失することに強く感情を抱きやすいことがスコアの低さに関係していると考察されている)

単純にアドバイスするなら、君がもし日本人との交友を深めたいというなら、趣味を覚えろ。町内会に参加しろ。料理教室に入れ。とにかく、何かしらのグループに参加するんだ。

 9kinds
 >彼らは、家族・隣人・クラスメート・同僚、あるいは趣味や興味を共有できる者たちと共にその絆を強固にしていくという傾向がある。

 西欧人は逆に、見知らぬ人としかもなんの関心も共有できないような奴らとでも交友を深めていけるっていうのか?

  MarcusMinuciusFelix
  いい指摘だ。けれど、文化というものについて語るときの一つの問題は、(物ごと・考え方についての)一般化を進めてしまうという点だ。不幸なことに、文化について学ぶとこの問題はついてまわる。だから僕の上のコメントと共に、今一度考えてみて欲しい。今僕が話しているのは、その文化の傾向についてだ。もちろんどんな文化環境においても、個人一人ひとりを見れば、その傾向に背く者たちもいるだろう。傾向の強弱が個人によって異なるなんていうのは世界共通だしね。

  日本人については、これらの場所・活動によって最も強固な交友が得られ“やすい傾向にある”と言っているだけで、西欧人がそうでないと断言しているわけではない。アメリカのように全く見知らぬ人と交友を築けるような機会が、日本では生まれにくいということなんだ。


ukatama
“一夜限りの交友現象”に出会ってしまったようだな。例えばバーに行き、酒を飲み、酔っ払う。そうなると、全く見知らぬ相手にだって話し掛けてしまいそうな大胆な気分になるだろ? 酔っ払っていると気分がよくなって笑い合うようになる。
そして家に帰ってからしらふになり、気づく。自分が全く知らない人物(向こうだって君が誰かなんて知らない)とコンタクトを取ったことをね。彼らがメールを送って来ると、君は「クソ! 一体俺は何について話してたんだ? 全くこの男のことなんて知らないじゃないか」という気分になる。結局君はこのメールについて無視を決め込んだ。
日本の人々は、互いによく知っている関係であるということに非常に安心感を持つ。だからこんな出来事に君が出くわしたとしても、彼らに悪気があったわけじゃない。もちろんこれは全ての個人について言っているわけではないし、この法則から外れる者もいるだろう。ただ、頭には留めておいてほしい。
そしてフェイスブックの件。まあ、人によっては「交友」をコレクションしたがる者もいるんだ。あまり深く考えるな。


 learnjapanese101
 少し前に、焼き鳥屋に行ったんだよ。そこは俺と同じ位の年の日本人で溢れかえっていた。……結局、俺は4時間ほどもその店にいた。彼らと話し、そして酷く酔っ払った。彼らは俺に酒や食べ物をおごってくれて、ここでの経験は日本生活で最高のものとなった。叶うのなら、あの週末の日に戻りたいとさえ感じる。もしもの話なんだけど、俺がまたあの店に行き、彼らとまた出会う。そしたら、彼らはまた俺によくしてやろうと何かしらのプレッシャーを感じてしまうのかな? あの場所で、常連のようになっていこうと考えるのは、奇妙に思われるだろうか?

 ああ、信じられない。俺は今ちょっとした店に入るのでさえ神経質になってる。笑えるよな……。


   ukatama
   大丈夫だ。もしもう一度その焼き鳥屋に行けば、彼らに対して「あの時の外国人だ」と認識を持ってくれるだろう。プレッシャーからではなく、快く君のために居場所を作ってくれるはずだ。きっと歓迎してくれる。

     learnjapanese101
     それを聞けて良かった。


learnjapanese101
付け加えておきたいんだけど、最初に俺が述べたような人とは違う日本人も当然いる。野球観戦や夕食、ビリヤードなんかに誘ってくれたりさ……。俺は、まだ日本を訪れたことのない人々に、全ての日本人が俺の書いたような人物だとは思って欲しくないんだ。ただ、最初にこれをポストした時は、とりわけこの現象について苛立ってたんだよ。


 TheRealSamBell
 魅力的な日本人女性から、偽のアドレスを受け取ったらそんな気分にもなるさ。俺ができるアドバイスは、何が起ころうと彼らに腹を立ててはいけないってことだな。ただ耐えて、そしていつかは必ずちゃんとした友人を君が得られると信じてるよ。そしてそうなれば、君はもうこのことについて悩んだりしないはずだ。挑戦と失敗だよ。
 俺も、最初ここに来たときは同じような気持ちだったしな。


続きを読む

関連記事

テーマ : 話題
ジャンル : ニュース

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
リンク
・アンテナサイト
海外の反応まとめblogアンテナ
海外の反応アンテナ
ヤクテナ
日本視覚文化研究会
ちくアンテナ
海外の反応 まとめ あんてな
ピコーン( ?∀?)!アンテナ
P-magazine

・海外の反応
とりいそぎ。
パンドラの憂鬱
海外反応 i love japan
ぱんだとらんすれーたー
Trans Vienna
翻訳!翻訳ゥ!
翻訳こんにゃくお味噌味(仮)
諸国反応記 海外の反応
恋してフランス
劇訳表示。
クール!だね、ジャパン
翻訳したらこうなった
翻訳コマンドー

・その他
らばQ
プラチナム テレスコープ
スワンドーブ
カラパイア
ロケットニュース24
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ご案内
当サイトはリンクフリーです。ご連絡なく自由にどうぞ。 相互リンクも受け付けていますので、下のメールフォームまでお気軽に。 取り上げる記事についてリクエスト等ございましたら、同じくメールフォームまでどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。